過去のトピックス



平成26年蔵開き

平成26年11月1日(土)

櫻正宗 平成26年 第12回 蔵開き

今年も「蔵開き」を上記の日程で開催いたしました。
当日の様子は
こちらをご覧ください。

 蔵開きの開催にあたりましてご協力頂きました関係各位の皆様、近隣にお住まいの皆様、およびご来場頂きましたお客様に深く感謝いたします。ありがとうございました。
 来年度も11月の第1週の土曜日(11月7日)に蔵開きの開催を予定しております。またのお越しを心よりお待ちしております。

H26/11/04


燗酒コンテスト2014“金賞”受賞

スローフードジャパン・酒文化研究所主催の「燗酒コンテスト2014」にて、
「金稀 純米吟醸」が「プレミアム燗酒部門」にて
“金賞”を受賞いたしました。
(詳細は「酒文化研究所」公式サイトにて)
 「燗酒コンテスト」はスローフードジャパンと酒文化研究所の主催(日本酒造組合中央会後援)で行われ、湯煎で酒温を審査温度にコントロールしてブラインドティスティングで5段階で評価するコンテストで、審査員の評価スコアの平均値で上位30%を金賞、3%を最高金賞と認定しています。
H26/08/18


ワイングラスでおいしい日本酒アワード2014“最高金賞”受賞

「ワイングラスでおいしい日本酒アワード2014」にて、
「大吟醸 櫻華一輪」が「大吟醸部門」にて“最高金賞”を、
「特別純米酒 宮水の華」が「メイン部門」にて“金賞”
それぞれ受賞いたしました。
(詳細は「ワイングラスでおいしい日本酒アワード」公式サイトにて)
 「ワイングラスでおいしい日本酒アワード」は、日本酒の需要を掘り起こし、日本酒の文化継承・発展を祈念して行う取組みとして、ワイングラスの力を認識し、新たに見出された日本酒の魅力を広く伝えていこうという趣旨に賛同した専門家達により、ブラインドで評価したコンテストです。
(大吟醸部門 最高金賞 11/200点 入賞率 5.5%)
H26/03/05


燗酒コンテスト2013“金賞”受賞

スローフードジャパン・酒文化研究所主催の「燗酒コンテスト2013」にて、
「朱稀 本醸造」が「お値打ち燗酒・ぬる燗部門」にて
“金賞”を受賞いたしました。
(詳細は「酒文化研究所」公式サイトにて)
 「燗酒コンテスト」はスローフードジャパンと酒文化研究所の主催(日本酒造組合中央会後援)で行われ、湯煎で酒温を審査温度にコントロールしてブラインドティスティングで5段階で評価するコンテストで、審査員の評価スコアの平均値で上位30%を金賞、3%を最高金賞と認定しています。
H25/08/17


全国新酒鑑評会 “金賞”受賞

独立行政法人酒類総合研究所と日本酒造組合中央会の共催の
「平成24酒造年度 全国新酒鑑評会」にて
櫻正宗株式会社・櫻喜蔵は“金賞”を受賞いたしました
(発表:平成25年5月17日 酒類総合研究所ホームページにて)
 独立行政法人酒類総合研究所(旧・国税庁醸造試験場)と日本酒造組合中央会の共催の全国新酒鑑評会は、明治44年の第1回開催以来、今年で通算101回(途中数回の休止を含む)となりました、全国規模で開催される唯一の清酒鑑評会です。
(平成24酒造年度 出品点数 864点;入賞 426点;金賞 233点)
金賞受賞 会場の様子
H25/05/23


全国新酒鑑評会 “金賞”受賞

独立行政法人酒類総合研究所と日本酒造組合中央会の共催の
「平成23酒造年度 全国新酒鑑評会」にて
櫻正宗株式会社・櫻喜蔵は“金賞”を受賞いたしました
(発表:平成24年5月18日 酒類総合研究所ホームページにて)
 独立行政法人酒類総合研究所(旧・国税庁醸造試験場)と日本酒造組合中央会の共催の全国新酒鑑評会は、明治44年の第1回開催以来、今年で通算100回(途中数回の休止を含む)となりました、全国規模で開催される唯一の清酒鑑評会です。
(平成23酒造年度 出品点数 876点;入賞 428点;金賞 247点)
金賞受賞 会場の様子
H24/06/07

 「灘酒研究会 酒質審査委員会」
ホームページオープン

 「灘酒研究会」は1917年(大正6年)に発足し、灘五郷および近隣地区の酒造技術者が集まり、日本酒醸造の技術向上に取り組んでいます。今年、魅力ある商品づくりをはじめお客様に安心して手に取っていただける灘酒を造り上げるため、「灘研酒質審査委員会」を新たな一歩として発足させました。
 詳細は以下のリンクより「灘酒研究会 酒質審査委員会」のホームページにてご覧ください。

「灘酒研究会 酒質審査委員会」のホームページ
灘酒研究会

H23/09/22

櫻正宗記念館“櫻宴”
リニューアルのご案内

 櫻正宗記念館“櫻宴”は平成22年10月1日、装いも新たにリニューアルオープンいたしました。
 2階レストランの改装ならびに呑処「三杯屋」を新設いたしました。「三杯屋」では櫻正宗の25種類のお酒をお楽しみいただけます。日本酒好きな方に楽しんでいただけますよう、様々な趣向を凝らしました。是非一度お越しください。

 呑処「三杯屋」の詳細はこちらのページをご覧ください。
H22/10/01


全国新酒鑑評会 “金賞”受賞

独立行政法人 酒類総合研究所と日本酒造組合中央会の共催の
「平成21酒造年度 全国新酒鑑評会」にて
櫻正宗株式会社・櫻喜蔵は“金賞”を受賞いたしました
(発表:平成22年5月21日 酒類総合研究所ホームページにて)
 独立行政法人酒類総合研究所(旧・国税庁醸造試験場)と日本酒造組合中央会の共催の全国新酒鑑評会は、明治44年の第1回開催以来、今年で通算98回(途中数回の休止を含む)となりました、全国規模で開催される唯一の清酒鑑評会です。
(平成21酒造年度 出品点数 1部・2部計 895点;入賞 457点;金賞 242点)
金賞受賞 全国新酒鑑評会 製造技術研究会 会場の様子
H22/05/28


四冠達成の報告

平成19年 各種鑑評会受賞 四冠達成(大吟醸の部・全国唯一 櫻華一輪 International Wine Challenge 2007 SAKE(日本酒)部門 最優秀賞・金賞受賞全国新酒鑑評会 3年連続金賞受賞
日本酒チャンピオンズ・カップ2007 グランプリ・審査員賞受賞焼稀大吟醸 全米日本酒歓評会 大吟醸A部門 金賞受賞

  • ◎ 全国新酒鑑評会 金賞(3年連続) [詳細]
  • ◎ International Wine Challenge 2007 SAKE(日本酒)部門 [詳細]
    • 吟醸酒・大吟醸酒の部 「櫻華一輪」 最優秀賞・金賞
    • 純米酒の部 「焼稀」 銅賞
    • 本醸造酒の部 「朱稀」 銅賞
  • ◎ 全米日本酒歓評会(JOY OF SAKE) 大吟醸酒A部門 「焼稀 大吟醸」 金賞 [詳細]
  • ◎ 日本酒チャンピオンズ・カップ2007 「大吟醸サクラカップ」 グランプリ・審査員賞 [詳細]
当社蔵元11代目山邑太左衛門と取締役・森本文雄筆頭杜氏が
平成19年11月29日に兵庫県庁を訪問し、
今年度の国内外の各種鑑評会における四冠達成について
齋藤富雄副知事に報告いたしました。
副知事面談1 副知事面談2
また兵庫県東京事務所におきまして、
当社製品と受賞各賞についての展示が行われています。
H19/12/06


日本酒チャンピオンズカップ2007
“審査員賞”“グランプリ”受賞

株式会社 酒文化研究所主催の
「日本酒チャンピオンズカップ2007」にて
「大吟醸サクラカップ」
「審査員賞」および「グランプリ」を受賞いたしました
(発表:平成19年11月03日 詳細は酒文化研究所ホームページにて)
 株式会社酒文化研究所主催の「日本酒チャンピオンズカップ」は、「カップ酒人気の定着と市販商品の品質アップ」を狙い2005年より開催されています。
 出品商品(61社108点)は3つのカテゴリー(純米酒・吟醸酒部門、本醸造酒・普通酒部門、にごり酒・たる酒部門)に分類された後、専門家の目隠し試飲テストによる1次選考が行われました。2次選考会に進出した全商品43点中より、「審査員賞」「専門家の目隠し試飲テスト(1次選考会時)で最高得点を獲得した酒」(部門別)に贈られました。また「グランプリ」は、「一般審査員による投票結果を一次審査の点に加算した総合最高得点を獲得した酒」に贈られました。
H19/11/05


第7回全米日本酒歓評会 “金賞”受賞

国際酒会開催の「第7回全米日本酒歓評会(JOY OF SAKE)」にて、
大吟醸酒A(精米歩合40%以下)部門で「焼稀 大吟醸」
“金賞”を受賞いたしました。
全米日本酒歓評会(JOY OF SAKE)

 アメリカの日本酒愛好者団体である国際酒会が、多くのボランティアの協力を得て2001年より開催しており、審査は日米から官民の専門家5人、計10人の審査員が2日間を掛けて行い、全国新酒鑑評会における審査方法に基づき、バランス、味、香り、フィニッシュ(アフターインプレッション)を基準に評価して、特に優良な酒を“金賞”として選出しています。
 第7回では日米144の蔵元から計302種類の出品があり、8月23日のホノルル会場には約1,000名の酒ファンが来場しました。

H19/09/01


International Wine Challenge 2007“最優秀賞”受賞

世界最大規模のブラインドワインテイスティングコンテスト
“International Wine Challenge”(以下IWC)SAKE(日本酒)部門にて、
“吟醸酒・大吟醸酒の部”において「櫻華一輪」が、
“金賞”に続き、各カテゴリーにおける
“最優秀賞”である「トロフィー」を受賞いたしました。
(出品総数9,358点中最優秀賞84点、“吟醸酒・大吟醸酒の部”出品は51蔵52銘柄)

(結果の詳細は「酒サムライ」にて紹介)

H19/06/20


International Wine Challenge 2007“金賞”受賞

世界最大規模のブラインドワインテイスティングコンテスト
“International Wine Challenge”(以下IWC)に、
2007年よりSAKE(日本酒)部門が設けられ、
4月17日イギリス・ロンドンにて審査が行われた結果、
“吟醸酒・大吟醸酒の部”にて「櫻華一輪」“金賞”
“純米酒の部”にて「焼稀」“銅賞”
“本醸造酒の部”にて「朱稀」“銅賞”を受賞いたしました。

(結果の詳細は「酒サムライ」にて紹介)

International Wine Challenge

 IWCは1983年にスタートした世界最大規模のワインコンテストで、毎年イギリスはロンドンで開催されている、世界の中で最も確立されており広範囲で影響力の高いワインコンテストと言われています。同コンテストは、日本を含めアジアにいまだ一人の合格者の無いワイン資格「マスターオブワイン」の資格を持つ専門家をはじめ、500名もの専門家がブラインド審査にあたっています。
 第1回「酒サムライ」の叙任者であるサム・ハロップ氏の提案と熱意により、IWCへのSAKE部門設置が認められました。SAKE部門が設けられることとなった背景には、海外での日本食の人気の高まりに伴う日本酒の認知度の高さがあります。昨今日本酒は認知されるばかりではなく、その品質が高く評価されています。

H19/05/24


全国新酒鑑評会 “金賞”受賞

独立行政法人 酒類総合研究所・日本酒造組合中央会共催の
「平成18酒造年度 全国新酒鑑評会」にて
櫻正宗株式会社・櫻喜蔵は“金賞”を受賞いたしました
** 平成16・17酒造年度に続き3年連続の金賞受賞 **
(発表:平成18年5月19日 酒類総合研究所ホームページにて)
 独立行政法人酒類総合研究所(旧・国税庁醸造試験場)主催(平成18酒造年度より日本酒造組合中央会との共催)の全国新酒鑑評会は、明治44年の第1回開催以来、今年で通算95回(途中数回の休止を含む)となりました、全国規模で開催される唯一の清酒鑑評会です。
(平成18酒造年度 出品点数 1部・2部計 981点;入賞 484点;金賞 252点)
H19/05/21

トップページに戻る