商品詳細

蘇百年 (よみがえりひゃくねん)
蘇百年
酒 質 純米(原酒 生もと造り)
使 用 米 吉川産山田錦
精 米 歩 合 80%
アルコール度数 16度以上17度未満
価 格
(消費税抜)
720mL  9,978円
甘口
中口
やや辛口
辛口
雪冷え
花冷え
常温
人肌燗
ぬる燗
上燗
熱燗
5℃ 10℃ 20℃ 35℃ 40℃ 45℃ 50℃

数量限定販売:200〜300本/年

 “蘇百年”は幻の酵母「協会一号酵母(櫻正宗酵母)」を使用し、原料や製法についてもこだわり百年前の造りのまま再現いたしました純米原酒です。
≪山田錦≫
 原料米には酒造好適米の中でも最高級の「山田錦」を用いました。山田錦の発祥の里(最大生産地)で品質も日本一の地区(特A地区)である吉川町。その吉川町の奈良井地区とは、当蔵元と一対一の関係で百年以上のお付き合いをいただいております。その吉川町奈良井にて蔵人も一緒になり手植え・手刈り・稲木に掛け天日干しを行ない育てた山田錦を、明治期の櫻正宗伝え書きより精米歩合八割に磨き使用いたしました。
≪宮水≫
 仕込水には当蔵元により発見された、酒造りに最も適した「宮水」を使用いたしました。この宮水は硬水で西宮の限られた地区で採水され、その成分はリン・カリ等の醸造微生物に有用な成分を多く含み、清酒にとって最も好ましくない鉄分が非常に少ない、酒造りに適した水なのです。
≪協会一号酵母(櫻正宗酵母)≫
 明治37年、政府は官立醸造試験所を設立し、安全醸造・酒質向上を目的とし全国より優良な酵母を集めました。その中で最も優れた酵母として櫻正宗酵母が選別され、日本醸造協会より「協会一号酵母」として全国に頒布されました。この酵母は昭和に入り戦中の混乱の中消失、この世には現存しないものとして言い伝えられてまいりましたが、この協会一号酵母が現存していることが分かり、約60年ぶりに当蔵元に帰ってまいりました。
≪櫻正宗流生もと系酒母・醪(もろみ)≫
 近年当蔵では全く行なわれていなかった「櫻正宗流生もと系酒母」を、協会一号酵母使用時の櫻正宗伝え書きにより再現し、百年前の酒母立てを行いました。また醪(もろみ)も酒母同様に伝え書きより百年前の経過を辿り当時のままの造りを再現いたしました。
≪上槽・囲い・熟成≫
 醗酵を終了した醪を一枚ずつ手作業にて酒袋にとり、自然のまま流れ出る雫酒を大切にとりました。低温で寝かせ、静かにそしてじっくりと熟成を進めました。

 一切の割り水を行なわず米の旨みを最大に表現した、濃醇強健切れ味最良の手作り純米原酒をお楽しみ下さい。

商品一覧に戻る